香川人妻デリヘルの前に飛行機で興奮

香川で人妻デリヘルを利用したいのだが、うおー!!これはまずい、勃起が収まらない!!
飛行機の中で騒げばいいのか?「緊急事態です!!緊急着陸を要請したいです!!」と!
なぜかって?そりゃもちろん、キャビンアテンダントのお姉さんが綺麗すぎるから!!
なんだよ、あのセクシーな足、色っぽい尻、緩やかなカーブを描いた胸、エロい笑顔!!
たまんねぇなおい!と思っている俺にジュースを出すその手にさえ興奮してしまう!!
どうしたもんか、俺は観光に香川に行こうと思ってるだけなのに、なぜこんなに誘惑してくるんだ。
そうか、俺は寂しい男のぼっち旅だからこんなことばっかり考えちゃうんだな、間違いない。
よーし、じゃあもう我慢なんかしないで、想像するだけ想像してやる!!
ありゃまちがいなくTバックで、その上、パイパンだろうな。
胸は小さめだろうけど、多分、その分、乳首も小さくてプックリとピンク色に違いない。
今日だって、俺の知らないところでクソみたいなオヤジにセクハラされまくって、本当は疲れ切ってるんだろうな。
でも、たまにいるイケメンの客に連絡先を貰うために耐えてるんだろう!
そう、こんなセクシーなキャビンアテンダントだ。
今夜も何回かフライトしたあとは、どうせホテルでイケメンとパコパコセックスするんだろう?
そりゃするよなぁ、セクシーだもんなぁ。
もしさ?もしなんだけど、そんなキャビンアテンダントが制服でセックスしてたらどう思う?
ゆるせねぇよなぁ!!
俺はゆるせねぇよ、あんなセクシーなのに、それだけで充分なのに、プラスでキャビンアテンダントの制服なんか着られたらもう見てるだけでイッちまう自信満々だよ!!

そんなことを考えていると、あっという間に香川に到着した。
もちろん人並みに観光名所を周ったが、でも、ぜんっぜん楽しめない!
うどんも迷ったらココに行け!と言われる名店に行ったが、美味しいんだか美味しくないんだか、味がぜんっぜんわからない!
もう何で香川なんて来ちゃったんだろうと思いながら、ホテルにチェックインした。
そう、香川に着いてからずっと頭の中ではあのキャビンアテンダントがセックスしている姿を想像していた。
どうして俺は独り身なんだろう?
悔しくて仕方なくて、一回枕を顔面に押しつけて大泣きした。
キャビンアテンダントとセックスしてぇよぉおおお!!!!
俺みたいなつまらない男は普段から風俗を利用しないとセックスが出来ない。
そんな俺がキャビンアテンダントなんて高嶺の花とセックス出来るわけがない。
なんで風俗にキャビンアテンダントいねぇんだよ!!と思ったところで気がついた。
いるかもしんない!
俺はスマホで香川の人妻デリヘル情報を検索したのだった!