松山人妻デリヘルと風俗利用を隠す方法

所帯持ちの男性にとって風俗に行くことはかなり恐ろしいことだろう。もし妻にバレてしまったらかなり怒られることは目に見えているし、最悪の場合離婚されてしまう可能性もあります。なので妻がいる男性は風俗に行く際もかなり注意しなくていけません。それなら風俗なんか最初から行かなきゃいいじゃん…と思うかもしれませんが、男性にとって風俗は切っても切り離せない関係なのです。風俗でできるプレイは非日常のプレイが多いし、妻にはできないプレイができるため息抜きには持って来いなのが風俗なのです。少しでも男性の皆さんが松山人妻デリヘルに行きやすくなるように、風俗に行ったことを隠す技をご紹介していきますね。

・ポイントカードや名刺などを処分する
風俗に行った時に最もバレてしまうのがこのようなカード類を見つかってしまうことです。財布の中に入れておいても妻と買い物に時などに見つかってしまうのです。名刺なども風俗嬢の前では捨てずらいのであとで捨てようと、ポケットなどに入れておき忘れてしまう…そんなこともありますよ。まだ疑っている状態でこのような物証が見つかってしまうと言い訳ができないので気をつけてください。松山人妻デリヘルでも嬢からもらうことはあるかもしれないので注意が必要です。

・ホテヘルやソープなどの風俗で気をつけたい注意点
ホテヘルやソープによくあるサービスで雨の日に傘を貸してくれるサービスをしている所がある。白い傘やビニール傘がほとんどなのだが、たまに借りたはいいものの使わず帰るなんてこともあると思う。傘を捨てるのも勿体無いし家に持ち帰ったり車に置いておいたりすると危険です…傘を渡すサービスはあげている訳でなく貸しているのだ。なので傘の柄に風俗店の名前が入っている場合が多い。これで店名を検索されてしまったら風俗店だということはバレてしまう。

・ボディーソープの匂いは絶対ダメ
普段香水をつけている方は大丈夫かもしれませんが、何もつけていない方はラブホテルなどのボディソープの匂いが染み付いてしまいます。これは確証にはなりませんが疑いを招くので気をつけてください。家に帰る前にあえて走って帰り汗をかいたり、タバコを吸いまくって臭いをつけるのが対策になるはずだ。

・性病になった人生は終わったと思え
風俗に行って性病になり妻にうつしてしまったら…実家に帰られることは確定だろうし、連れ戻すのに相手の両親への言い訳も最悪だろう。風俗に行った際は1週間~10日くらいは夜の営みは避けるべきだろう。もしくはどうしても断れない場合はコンドームをつけることをオススメする。